Business Hours: Mon - Fri : 9am - 5pm
Diamond_Edu
Mouseover any image to learn more. The page may take a few seconds to load.
ラウンドカット プリンセスカット エメラルドカット アーシャーカット マーキースカット オーバールカット ラディアント カット ペアーシェイプ ハートシェイプ クッションカット トリリオンカット
D E F G H I J K-M N-Z
爪留め チャンネルセッティング ベゼルセッティング ユニーク テンション インビジブル パヴェ
K10 (純度41.66%)
K14 (純度58.33%)
K18 (純度75%)
FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3
How to tell if a diamond is real
最もオーャhックスなカッティングで、エンゲージリングの定番にもよく用いられます。58面体のカットでダイヤモンドの魅力を最大限に引き出し、まばゆい輝きを導きます。
1970年以降に登場した、比較的新しいカット。ブリリアントカットを変化させ、四角い形で光を引き出しているので、ステップカットより輝いて見えます。
シャープで理知的な形が魅力のエメラルドカット。エメラルドによく使われるカットなのこう呼ばれます。落ち着いた雰囲気を持ち、年を重ねても違和感なくつけられる形といえます。
英国王室の命を受け、世界で最も有名なダイヤモンド「カリナン」のカットに成功した伝説のダイヤモンド・カッター「ジョセフ・アッシャー」。?1902年、彼が開発した「アッシャー・カット」は、革新的なスクエアー・フォルムと、その類まれな輝きで一世を風靡しました。
両側がつんと尖ったエレガントなカット。マーキースとは「公爵夫人」という意味で、ルイ15世の愛称ポンパドゥール公爵夫人を彷彿とさせるためにつけられた名前だといいます。優美でクラシックな趣にあふれたカットです。
ラウンドブリリアントカットの楕円型ということで、こちらもオーャhックスなカット。美しい輝きがダイヤモンドの気品を阜サしています。
ラディアントカットは、カット自体は、キラキラする、ブリリアントカットの一種ですが、 四角の形の4隅が切れていて、ちょっとアンティークな雰囲気です。
洋ナシ(英語で“pear”)をかたどったのがこのペアシェイプカット。片方だけ尖った先端が指をより美しく見せ、大人の風格をかもし出します。
ロマンティックな形が人気のハートシェイプ。マックルと呼ばれるダイヤの原石からカットされますが、カットが可狽ネ原石が少なく無駄も多いため、高価になります。
クッションシェイプとは、丸(ラウンド)と正方形(スクエア)の混ざったような形、あるいは楕円(オーバル)と長方形(レクタングル)の混ざったようなシェイプです。
三角形にカットした形式です。頂点が3つもり非常に輝いて見えるのがこのカットの特徴でもあります。
Dは完全な無色透明です。非常にレアで明るい無色透明なイメージです。
公式の説明では、D、E、Fは「無色 Colorless」となっています。非常に僅かな違いですが、Dよりも感覚的に明るくない程度ですが、プロの目でも極めて見極めが難しいです。
公式の説明では、D、E、Fは「無色 Colorless」となっています。非常に僅かな違いですが、Dよりも感覚的に明るくない程度ですが、プロの目でも極めて見極めが難しいです。
G、H、I、Jは「ほとんど無色 Near Colorless」 G、HはEと較べると僅かに色があると分かります。G?Hは非常に似ており、赴LではG=Hと記載しているは評価が難しくどちらの可柏ォもある場合を示します。
G、H、I、Jは「ほとんど無色 Near Colorless」 G、HはEと較べると僅かに色があると分かります。G?Hは非常に似ており、赴LではG=Hと記載しているは評価が難しくどちらの可柏ォもある場合を示します。
I、Jは「ごく僅かな黄色」と阜サしております。Iクラスは殆どHと評価としても良いレベルにあたります。
ごく普通の状態でも、多少の色が確認できます。お金をかけずに沢山のダイヤモンドを使用する場合などにお勧めします。
無色透明ではなく、色の違いがはっきりとご確認頂けます。
無色透明ではなく、色の違いがはっきりとご確認頂けます。
プロング・セッティングは別名「クロー・セッティング(爪留め)」とも言い、宝石が確実に耐久性のある位置に留まるように、小さな金属のプロング(爪)を宝石のガードルの上までのばし、万力のようにつかんで留める方法です。
チャンネルセッティング チャンネル・セッティングは二本の貴金属の長いレールのあいだにガードル部分をはさまれた状態で、ジェムストーンが並んでセットされる技術です。スクエア、プリンセス、レクタンギュラー(長方形)の各シェイプの石を使うと、石の間に金属が見えないので、その効果は息をのむほどです。宝石はジュエリーのなかで、しっかりと宝石をちりばめた鎖となって浮かび上がって見えます。
ベゼルセッティング ベゼル・セッティングは金属の加工された小さな円盤がジェムストーンのガードル部分からリングまでを支えているもので、石の全周囲をしっかり囲んでいます。昔から続いている技術で、石の輪郭に沿って現代的に見えますが、労働集約的で、石のアウトラインを正確にぴったり一周するように作らなくてはなりません。 高さと立体感、そして非常に現代的な印象が加わるベゼル・セッティングは、アクティブなライフスタイルの方によく似合います。大変男性的に見えるので、ベゼル・セッティングは男性向きで、特にショルダーが大きいか、ジェムストーンが大ぶりのジュエリーデザインに適しています。ベゼル・セッティングはイヤリング、ネックレス、ブレスレット、リングに最適です。
ジェムストーンはこのバーの間にひとつずつセットされ、石の側面は光にさらされます。だんだん人気の出てきているセッティング法で、この技術はジェムストーンに入ってくる光の量を最大にし、その結果輝きときらめきをできるだけ効果的に見せてくれます。バー・セッティングはチャンネル・セッティングの変種で、ひとつのデザインに現代的な雰囲気と古典的な雰囲気をあわせもっていることが多いものです。バー・セッティングはラウンド、オーバル、プリンセス、エメラルド、スクエア、バゲットの各カットの石をメインにしたリングに最適です。
テンションとは張力の意味です。テンションセッティング(tension setting)は、地金の張力を利用してダイヤモンドを留めるセッティング方法で、枠に切れ込みを入れ、宝石の下部側面に溝を掘り、左右2ヶ所で宝石を挟んだデザインになります。爪などの台座がなく地金だけで留めているため、石が空中に浮いているように見えるのが特徴です。
石と石を留めるのに爪を使わないミステリアスなセッティング(石留め)なので ミステリーセッティング、または爪が見えないことからインビジブルセッティングとも言われています。 石留めがないため、宝石の美しさをより際立てるセッティングは、まさにミステリアスで魅惑的なダイヤモンドの輝きをご覧頂けます
"Pave"と書いて「パヴェ」と読むこのセッティングは、プロングのようなセッティングですが、プロングは小さくてほとんど見えません。両側から石を支えるごく小さなハンドメイドのプロングを使うか、石を決まった位置に固定するために貴金属のビーズを掘り出すように地金に穴を開けることで作られます。 ?パヴェ・セッティングは一個のジュエリーの楓ハ全体にカーペットのように広がる輝きを作りだします。楓ハは宝石でびっしりと覆われ、または文字どおり「敷きつめられ(paved)て」、ジュエリー本体に鮮烈な命の輝きをもたらすのです
内部外部とも欠陥なし
内部に欠陥なし
は 10 倍のルーペでも発見が困難な程度の極極小さな含有物などがある場合です
は 10 倍のルーペでも発見が困難な程度の極極小さな含有物な どがある場合です
10倍で見えにくいものから見えやすい範囲の軽度なインクルージョン
10倍で見えにくいものから見えやすい範囲の軽度なインクルージョン
SIクラスのものがコストパフォーマンスが高くお勧めです。 クラリティSI1程ですと、肉眼では確認の難しいごく微細なインクルージョンが含まれる程度のものです
SIクラスのものがコストパフォーマンスが高くお勧めです。 クラリティSI1程ですと、肉眼では確認の難しいごく微細なインクルージョンが含まれる程度のものです
1でも充分に美しいダイヤ(SI2よりのI1のような石は特に)もございますので、Iクラスのものが必ず悪いというわけではありません。特に大粒のダイヤ等ではIクラスとはいえ、石の大きさからくる輝き、存在感で、クラリティグレード等はまったく気にさせないようなものも多くございます。
フェースアップで肉眼で見えることがある顕著なインクルージョン
では、石の耐久性を脅かすこともある。
一般的には10K以上を貴金属としての金と呼びますが、日本で一般的になったのはごく最近のことです。アメリカでは非常に良く使われており、見た目では14kとあまりかわりませんが、加工のしやすさと価格の安さで非常に人気があります。
現在のアメリカでは14金が主に装飾品に使われています。18金と比べ肌に馴染みやすい色をしています。20g以上の金を使用する場合こちらをお勧めします。
欧米の影響を古くから受けて来た日本では、加工しやすい18金がジュエリーの主流になっています。日本では「金色」と言うと一般的な18金の色が思い浮かばれます。
18金の場合金が7.5割以上含んだ物をいいます。資産価値も高く、どこの宝石店でもg単位での買い取 りを行っています。
ニッケル系とパラジウム系があり、金にそれぞれの元素と、前者は、銅、亜鉛、後者は銀、銅を加えて、白色化した金合金をホワイトゴールドと称しています。K18 の場合、ニッケル系、パラジウム系ともそれぞれ5%以上を含まないと、色調の白味が不足する。以前はプラチナとして装飾品に用いられていましたが、現在はカラーゴールドの一種としての地位を得て、イエローゴールド以上に普及しています。
K18 の場合、金75%で残りが銅の合金をレッドゴールドと呼んでいます。大手時計メーカーもローズゴールドを使用した時計等を販売しており、渋めの色合いに人気があります。